かつらかつらの上手な選び方のポイント

かつらには色々な種類があります

かつらには、既製品とオーダー品に大別することができます。品質という面では、間違いなくオーダー品が高く、依頼人の頭の大きさや形、自毛の残り具合などによって、依頼人専用のかつらを仕立てあげていくので、品質の面では既製品を上回るといえます。一方、既製品のメリットは、オーダー品に比べると低価格で購入することができるという点にあります。また、かつらに使用する毛髪には、人工毛と人毛があります。人工毛は、色あせがほとんどなく、乾きやすく、日々の手入れが簡単というメリットがあります。ただ、雨に濡れた時に不自然に見えてしまったり、使っている打ちに毛先が縮れてしまうケースもあります。人毛は、見た目が自然というメリットがありますが、色落ちしてしまうため、定期的に染色する必要があります。このようにそれぞれにメリットとデメリットがありますから、それぞれの特徴を知って購入することが大切です。

用途によって違うカツラの種類とは

メンズのカツラには、使用する人の用途によっていろいろな種類があります。一般的に販売されている既製品のカツラは、人工毛で作られていて、値段が手頃なものが多く、ファッションアイテムとしても使用されています。薄毛をカバーするために使用するカツラは、より自然に見せるために人毛で作られていることが多く、頭部の形にあわせてオーダーメイドで作る人も少なくありません。医療用カツラは、頭皮への刺激が少ないのが特徴で、抗ガン剤治療を受けている場合には、毛量が変化していきますから、サイズも変動できるように作られているのが特徴です。また、装着方法にもいくつかの種類があり、ピンで留めるタイプと両面テープで固定するタイプ、頭皮密着タイプ、自毛に編み込んで装着する編み込みタイプなどがあります。

カツラに使用する毛の材質の種類

カツラに使用する毛は、見た目のイメージにも大きく影響を与えるため、さまざまな種類が使用されています。もっとも自然に見えるのは、人毛で、人間の髪の毛を使用したカツラです。メリットとしては、自然に見えるだけではなく、カラーやパーマなどのヘアアレンジを楽しむことができるという点があげられます。ただ、傷みやすく、価格が高いというデメリットがあります。人工毛は、化学繊維を主成分として作られた毛髪で、ヘアセットが簡単で、安いというメリットがありますが、傷みやすく、熱や摩擦に弱いというデメリットがあります。ミックスは、人毛と人工毛を混ぜ合わせたカツラで、すべて人毛で作るよりも安く、丈夫というメリットがあります。ただ、人毛よりも見劣りするというデメリットがあります。

かつらのメンテナンスには必須の、トリートメント・シャンプーもちゃんとあります! お子様のケガやストレスによる脱毛にナチュラルかつら。いじめやからかいの対象にならない様にケアしてくれます。 仕上げは、ヘアスタイリストが最後まで担当します。 ナチュラルかつらの良質なアウトレット商品は只今セール中です! 特別料金もご用意いたしていますので、ご覧ください。 かつらのご利用をお考えの方は【ナチュラル】にご相談ください